Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » CentOS 7 »

CentOS 7の初期設定

今回は自宅内でLinuxサーバーを構築するということですので、プロバイダのルーター機能付きモデムや市販のルーターを使っている場合を例にここでの設定を行います。
CentOSをインストール後にはファイアウォールが機能しています。
とりあえずこれからサーバーを構築するという段階なので、必要な通信を遮断してしまうという事態を避けるためにファイアーウォールの機能を無効にします。
※ルーター内にサーバーマシンがあるので、ファイアーウォールはルーターについているものを使うことで補えます。
CentOS7でのファイアーウォール機能はiptablesからfirewalldに変更されています。

systemctl stop firewalld
systemctl disable firewalld

続いてはSELinuxの機能も無効化します。
SELinux(Security-Enhanced Linux)とは Linux システムのセキュリティー機能を高めるためのカーネルモジュールです。
SELinuxを扱うにためには高度な技術が必要なので、ファイアーウォールと同様にサーバーを構築する段階ではを無効にしておきましょう。
SELinuxを無効にするには以下のように実行します。

setenforce 0

サーバーが再起動したときもSELinuxが無効になるように以下のように設定します。

vi /etc/selinux/config
# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#     enforcing - SELinux security policy is enforced.
#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#     disabled - No SELinux policy is loaded.
# enforcingをdisabledに変更
#SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled
# SELINUXTYPE= can take one of these two values:
#     targeted - Targeted processes are protected,
#     minimum - Modification of targeted policy. Only selected processes are protected.
#     mls - Multi Level Security protection.
SELINUXTYPE=targeted

最後に以下の設定も済ましておきましょう。
サーバーからrootユーザー宛にシステムに関する重要なメールが送られてきます。
rootユーザー宛メールを常用しているメールアドレスに転送する設定を行います。

vi /etc/aliases
#
#  Aliases in this file will NOT be expanded in the header from
#  Mail, but WILL be visible over networks or from /bin/mail.
#
#       >>>>>>>>>>      The program "newaliases" must be run after
#       >> NOTE >>      this file is updated for any changes to
#       >>>>>>>>>>      show through to sendmail.
#

# Basic system aliases -- these MUST be present.
mailer-daemon:  postmaster
postmaster:     root

# General redirections for pseudo accounts.
bin:            root
daemon:         root
adm:            root
lp:             root
sync:           root
shutdown:       root
halt:           root
mail:           root
news:           root
uucp:           root
operator:       root
games:          root
gopher:         root
ftp:            root
nobody:         root
radiusd:        root
nut:            root
dbus:           root
vcsa:           root
canna:          root
wnn:            root
rpm:            root
nscd:           root
pcap:           root
apache:         root
webalizer:      root
dovecot:        root
fax:            root
quagga:         root
radvd:          root
pvm:            root
amanda:         root
privoxy:        root
ident:          root
named:          root
xfs:            root
gdm:            root
mailnull:       root
postgres:       root
sshd:           root
smmsp:          root
postfix:        root
netdump:        root
ldap:           root
squid:          root
ntp:            root
mysql:          root
desktop:        root
rpcuser:        root
rpc:            root
nfsnobody:      root

ingres:         root
system:         root
toor:           root
manager:        root
dumper:         root
abuse:          root

newsadm:        news
newsadmin:      news
usenet:         news
ftpadm:         ftp
ftpadmin:       ftp
ftp-adm:        ftp
ftp-admin:      ftp
www:            webmaster
webmaster:      root
noc:            root
security:       root
hostmaster:     root
info:           postmaster
marketing:      postmaster
sales:          postmaster
support:        postmaster


# trap decode to catch security attacks
decode:         root

# Person who should get root's mail
#root:          marc
# 一番最後の行に送信するメールアドレスを追加
root: admin@astermark.com

以下のコマンドを実行して設定を反映します。

newaliases

コメントを残す