CentOS 7をインストールする

CentOS 7を無料で手に入れるで作成したインストールメディアを使ってCentOS 7をインストールします。

CentOS 7を無料で入手する
6月にRed HatがリリースしたRHEL 7をベースとしたCentOS 7。特徴としては、パフォーマンス改善のためのツールの提供、デフォルトのファイルシステムがXFSに変更され、最大容量が500TBになります。またコンテナ型仮想化の機能の...

インストール作業では不要なソフトウェアを導入せず、インストール作業を効率よく行うために最小限の構成でパッケージをインストールします。
インストールを実行する前にサーバーマシンが光学ドライブから起動するようにBIOSの設定を済ましておいてください。

インストールの開始と言語の選択

それではインストールディスクをCD/DVDドライブに挿入してサーバーマシンを起動します。
CD/DVD起動に成功するとインストールディスクを読み込みインストーラーの起動画面が表示されます。
以下の画面でInstall CentOS 7を選択してEnter キー押してインストーラーを起動します。

centos7_install_1

インストーラーが起動するとすぐにインストール時に使用する言語を設定する画面が開きます。
ここは日本語を選択して続行ボタンを押します。

centos7_install_2

インストール先の設定

CentOS7のインストール先の設定を行います。
インストール先(D)と書かれているところをクリックします。

centos7_install_3

CentOS7をインストールするデバイスを選択して、画面左上の完了ボタンをクリックします。

centos7_install_4

ネットワークとホスト名の設定

続いてネットワークとホスト名の設定を行います。
ネットワークとホスト名(N)と書かれているところをクリックします。

centos7_install_5

右下の設定ボタンをクリックします。

centos7_install_6

IPv4のセッティングタブを選択して追加ボタンを押して、アドレスネットマスクゲートウェイを入力します。
続いてDNSサーバーを入力して保存ボタンを押します。

centos7_install_7

ネットワークとホスト名の画面に戻ったら、ホスト名を入力して、画面右上のEthernetONに設定します。

centos7_install_8

画面左上の完了ボタンをクリックします。

インストール開始とrootパスワードの設定

続いてインストールを実行します。
画面右下のインストールの開始(B)ボタンをクリックします。

centos7_install_9

インストール作業が開始されると以下のような画面が表示されます。
ここでrootユーザーのパスワードを設定します。
rootパスワード(R)をクリックします。

centos7_install_10

適切なrootパスワードを設定します。

centos7_install_11

画面右下の設定完了(F)のボタンを押します。

centos7_install_12

インストールが完了すると以下の画面が表示されます。
再起動(R)ボタンをクリックしてサーバーを再起動します。

centos7_install_13

停止後にサーバーが起動されます。

centos7_install_14

以上でCentOS7のインストールの完了です。

コメント