CentOS 5をインストールする

CentOS 5を無料で入手するで作成したインストールメディアを使ってCentOS 5をインストールします。

CentOS 5を無料で入手する
Linuxサーバーを構築するにあたって、まず考えなければならないことはディストリビューションの選択です。一般的にLinuxはOS(基本ソフト)の核となる部分のみを指し、デバイスを制御するためのドライバーや、ユーザーが操作するためのUI、アプ...

インストール作業では不要なソフトウェアを導入せず、インストール作業を効率よく行うために最小限の構成でパッケージをインストールします。
インストールを実行する前にサーバーマシンがCD-ROMドライブから起動するようにBIOSの設定を済ましておいてください。

インストールの開始と言語の選択

それではインストールディスクをCD/DVDドライブに挿入してサーバーマシンを起動します。
CD 起動に成功するとインストールディスクを読み込みインストーラーの起動画面が表示されます。
以下の画面でEnter キーを押してインストーラーを起動します。

centos5_install_01

インストール開始前にインストールディスクに破損がないかをチェックすることができます。
この作業は時間がかかるので、ここではSkipを選択してこの処理を省略します。
(※カーソルの移動はタブキーを使って行います。)

centos5_install_02

以下のようにインストーラーが起動します。
Nextボタンをクリックして次の画面へ移動します。

centos5_install_

インストール作業中に使用する言語を選択します。
デフォルトのままEnglish (English)を選択します。

centos5_install_04

使用するキーボードを選択します。
ここでは日本語キーボードを使用しますのでJapaneseを選択します。

centos5_install_05

はじめてCentOSをインストールする場合以下のようなWarning画面が表示されることがありますが、Yesをクリックして次に進みます。

centos5_install_06

すでにCentOSがインストールされている場合は以下のようなウィンドウが表示されるのでInstall CentOSを選択して次へ進みます。
centos5_install_07

ディスクパーティションの設定

システムのディスクパーティションの設定を行います。
ここでは既存のパーティションを全て削除して新たにインストールする方法をとります。
Remove all partitions on selected drivers and create default layoutを選択します。
ディスクの構成はデフォルトのレイアウトを使用します。

centos5_install_08

以下のようにWarningのウィンドウが表示された場合はYesをクリックして次へ進みます。

centos5_install_09

ネットワークデバイスの設定

続いてネットワークデバイスの設定を行います。
以下のウィンドウでEditをクリックしてネットワークデバイスの設定の編集画面を開きます。

centos5_install_10

Enable IPv4 supportの部分のManual configurationを選択します。
IP アドレスネットマスクを入力します。
Enable IPv6 supportのチェックははずしてOKボタンをクリックします。

centos5_install_11

ネットワークデバイスのはじめの設定画面に戻りサーバーマシンのホスト名を設定します。
Gatewayの欄にルーターのIPアドレスを入力します。
Primary DNSの欄にDNSサーバーのIPアドレス(ルーターのIPアドレス)を入力します。

centos5_install_12

システムの設定

続いてシステムの設定を行います。
はじめに地域の設定を行います。
マップ内の東京を選択してNextをクリックします。

centos5_install_13

Linuxのシステム管理者であるrootユーザーのパスワードを決定します。
入力を確認するために同じパスワードを2度入力します。

centos5_install_14

パッケージを選択

システムにインストールするパッケージを選択します。
Desktop – Gnomeのチェックをはずします。
下の方にあるCustomize nowを選択してNextボタンをクリックします。
ここを選択すると次の画面でパッケージグループの詳細なカスタマイズを行うことができます。

centos5_install_15

デスクトップ環境は何も選択せずにApplicationsをクリックします。

centos5_install_16

アプリケーションはEditorsText-based InternetのチェックをはずしてDevelopmentをクリックします。
(※全て選択していない状態です。)

centos5_install_17

開発は何も選択せずにServersをクリックします。

centos5_install_18

サーバーは何も選択せずにBase Systemをクリックします。

centos5_install_19

ベースシステムはBaseのみ選択してVirtualizationをクリックします。

centos5_install_20

仮想化は何も選択せずにClusteringをクリックします。

centos5_install_21

クラスタリングは何も選択せずにCluster Storageをクリックします。

centos5_install_22

クラスタストレージは何も選択せずにLanguagesをクリックします。

centos5_install_23

言語は何も選択せずにNextをクリックします。

centos5_install_24

インストールの開始

以下の画面でNextをクリックしてパッケージのインストールを開始します。

centos5_install_25

パッケージのインストール中は以下のように表示されます。

centos5_install_26

以下の画面が表示されるとインストールの完了です。
CD-ROMを取り出してRebootのボタンをクリックして再起動を行います。

centos5_install_27

再起動した際に初期設定ウィザードSetup Agentが実行されます。
ここではExitを選択して終了します。
(※カーソルの移動はタブキーを使って行います。)

centos5_install_28

以上でインストール作業は完了です。
CentOSが起動し、ログイン画面が表示されます。

centos5_install_29

コメント