Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » TIPS »

CeonOS7に新しいUSB外付けハードディスクを追加する

I-O DATAのポータブルハードディスク500GB(HDPE-UT500)をバックアップ保存用に購入したので、パーティションの作成とフォーマット、マウントまでの作業を書いていきたいと思います。

dfコマンドを使って現在マウントされているディスクの状態を確認しましょう。

df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置 /dev/mapper/centos-root 50G 36G 15G 72% / devtmpfs 1.8G 0 1.8G 0% /dev tmpfs 1.9G 0 1.9G 0% /dev/shm tmpfs 1.9G 17M 1.8G 1% /run tmpfs 1.9G 0 1.9G 0% /sys/fs/cgroup /dev/mapper/centos-home 58G 33M 58G 1% /home /dev/sda1 497M 146M 351M 30% /boot tmpfs 1.9G 17M 1.8G 1% /var/named/chroot/run/named

sdaが現在使用されているCent OSの内蔵ディスクの名前です。

ここからUSB外付けHDDを接続してどの名前で認識されるかを確認します。
まずは/var/log/messageに表示されるUSB外付けHDDの名前を確認します。

tail -f /var/log/messages

上記コマンドを実行してから外付けHDDを接続すると、以下のようなメッセージが出力されます。

May  6 12:53:45 server kernel: scsi 6:0:0:0: Direct-Access     I-O DATA HDPC-UT          0002 PQ: 0 ANSI: 6
May  6 12:53:45 server kernel: sd 6:0:0:0: [sdb] 976773168 512-byte logical blocks: (500 GB/465 GiB)
May  6 12:53:45 server kernel: sd 6:0:0:0: [sdb] Write Protect is off
May  6 12:53:45 server kernel: sd 6:0:0:0: [sdb] No Caching mode page found
May  6 12:53:45 server kernel: sd 6:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
May  6 12:53:45 server kernel: sdb: sdb1
May  6 12:53:45 server kernel: sd 6:0:0:0: [sdb] Attached SCSI disk

これを見ると新規に追加されたHDDはsdbだということがわかります。
ここからfdiskコマンドを使ってパーティションの操作を行います。
まずはパーティションの確認と削除からです。
pはパーティションの確認、dはパーティションの削除を行うコマンドです。

fdisk /dev/sdb
Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2). Changes will remain in memory only, until you decide to write them. Be careful before using the write command. コマンド (m でヘルプ): p Disk /dev/sdb: 500.1 GB, 500107862016 bytes, 976773168 sectors Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト Disk label type: dos ディスク識別子: 0x4d65fbd9 デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム /dev/sdb1 2048 976768064 488383008+ 7 HPFS/NTFS/exFAT コマンド (m でヘルプ): d Selected partition 1 Partition 1 is deleted コマンド (m でヘルプ): p Disk /dev/sdb: 500.1 GB, 500107862016 bytes, 976773168 sectors Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト Disk label type: dos ディスク識別子: 0x4d65fbd9 デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム コマンド (m でヘルプ): w パーティションテーブルは変更されました! ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。 ディスクを同期しています。

新しいパーティションを作成します。
nで新しいパーティションを作成することができます。
作成はデフォルトの値で大丈夫です。

fdisk /dev/sdb
Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2). Changes will remain in memory only, until you decide to write them. Be careful before using the write command. コマンド (m でヘルプ): p Disk /dev/sdb: 500.1 GB, 500107862016 bytes, 976773168 sectors Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト Disk label type: dos ディスク識別子: 0x4d65fbd9 デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム コマンド (m でヘルプ): n Partition type: p primary (0 primary, 0 extended, 4 free) e extended Select (default p): (エンターキー) パーティション番号 (1-4, default 1): (エンターキー) 最初 sector (2048-976773167, 初期値 2048): (エンターキー) 初期値 2048 を使います Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-976773167, 初期値 976773167): (エンターキー) 初期値 976773167 を使います Partition 1 of type Linux and of size 465.8 GiB is set コマンド (m でヘルプ): p Disk /dev/sdb: 500.1 GB, 500107862016 bytes, 976773168 sectors Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト Disk label type: dos ディスク識別子: 0x4d65fbd9 デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム /dev/sdb1 2048 976773167 488385560 83 Linux コマンド (m でヘルプ): w パーティションテーブルは変更されました! ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。 ディスクを同期しています。

最後にsdb1ext4にフォーマットします。

mkfs.ext4 /dev/sdb1
mke2fs 1.42.9 (28-Dec-2013) Filesystem label= OS type: Linux Block size=4096 (log=2) Fragment size=4096 (log=2) Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks 30531584 inodes, 122096390 blocks 6104819 blocks (5.00%) reserved for the super user First data block=0 Maximum filesystem blocks=2271215616 3727 block groups 32768 blocks per group, 32768 fragments per group 8192 inodes per group Superblock backups stored on blocks: 32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 102400000 Allocating group tables: done Writing inode tables: done Creating journal (32768 blocks): done Writing superblocks and filesystem accounting information: done

/sdbディレクトリを作成してそこにマウントします。

mkdir /sdb
mount /dev/sdb1 /sdb

マウントされているかを確認します。

df -Th

システム起動時に自動的にマウントされるようにfstabに追加します。

vi /etc/fstab
#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Mon Apr 27 10:59:17 2015
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
/dev/mapper/centos-root /                       xfs     defaults        1 1
UUID=d69394a4-502e-4aa7-9ce4-6639f9777abd /boot                   xfs     defaults        1 2
/dev/mapper/centos-home /home                   xfs     defaults        1 2
/dev/mapper/centos-swap swap                    swap    defaults        0 0

/dev/sdb1               /sdb                    ext3    defaults        0 0

コメントを残す