Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » OpenVPN »

OpenVPNのWindowsクライアント

起動したOpenVPNサーバーに接続します。
今回使用するOpenVPNのWindowsクライアントはvpnux Clientです。
サイトからダウンロードすることができます。
ダウンロードした実行ファイルを起動してインストールを開始します。

vpnux_client_1

ライセンス契約書に同意します。

vpnux_client_2

インストール先を選んでインストールを行います。

vpnux_client_3

完了ボタンを押してインストールを完了します。

vpnux_client_4

vpnux Clientを起動します。

vpnux_client_5

プロファイル -> 追加の順にボタンをクリックして、プロファイルを追加します。
プロファイルの編集画面の一般設定タブではプロファイル名VPNサーバーを入力します。
続いて画面右側の認証CA証明書ca.crtを、証明書認証(PKI)証明書client1.crtを、秘密鍵client1.keyをそれぞれ設定します。
最後に秘密鍵パスワードを入力し秘密鍵パスワードを保存にチェックを入れます。

vpnux_client_6

詳細設定タブに移動して画面右側の追加セキュリティ設定の項目でTLS-Auth HMAC署名を使用にチェックを入れ共有鍵ta.keyを読み込みます。

vpnux_client_7

以上で設定は完了です。
vpnux Clientの起動時の画面に戻り、接続ボタンをクリックしてVPNサーバーに接続します。


コメントを残す