Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » BIND »

BIND

BINDはLinuxで標準的に利用されているDNSサーバーソフトウェアです。BINDの基本的な機能はネットワークに接続されているコンピューターのホスト名とIPアドレスを関連付ける役割を果たします。

  • BINDのインストール

    yumを使ってBINDをインストールします。ここではBINDをchroot環境で実行させるように設定を行います。chrootとは指定されたディレクトリを/(ルートディレクトリ)として見せることで、それより上のディレクトリにアクセスすることができないようにします。従ってchrootすると指定したディレクトリ以下に閉じ込めることができるため、万が一攻撃を受けて侵入された場合にでも被害を最小限に食い止め...

  • BINDのchroot化

    BINDをchroot化するための設定を行います。CentOS 6まではchroot化するためのスクリプトを作成する必要がありましたが、CentOS 7では用意されているものがあるので以下のコマンドを実行します。 /usr/libexec/setup-named-chroot.sh /var/named/chroot on ...

  • BINDの設定

    named.confファイルを編集してBINDの設定を行います。 vi /var/named/chroot/etc/named.conf // // named.conf // // Provided by Red Hat bind package to configure the ISC BIND named(8) DNS // server as a caching only na...

  • BINDの起動

    システム起動時にサービスが開始されるように設定します。 systemctl enable named-chroot.service BINDを起動します。 systemctl start named-chroot ...