Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » TIPS »

ウィルス対策ソフト Clam AntiVirus のインストールと設定

yum -y install clamd
vi /etc/clamd.conf

以下の行をコメントアウトしてroot権限で動作させます。

#User clamav

clamdの自動起動の設定を行い、clamdを起動します。

chkconfig clamd on

service clamd start

ウィルス定義ファイルを最新のものに更新します。

# freshclam

このあとは/etc/cron.daily/freshclamが自動で毎日行われます。

ウィルススキャンのテストを行います。

#clamscan --infected --remove --recursive

Infected filesの項目でウィルス感染ファイルの数を知ることができます。

定期的に実行するうにcronに設定します。

# vi /etc/cron.weekly/clamd

#!/bin/bash

/usr/bin/freshclam > /dev/null

clamscan -i -r --remove >> /var/log/clamav/scan.log 2>&1

#chmod 755 /etc/cron.weekly/clamd

コメントを残す