Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » samba »

Sambaのインストール

yumを使ってSambaをインストールします。

yum -y install samba

インストールが完了したらSambaの設定を行います。

Sambaの設定はsmb.cnfファイルで行います。

まずはSambaのデフォルトの設定ファイルのバックアップを取ります。

mv /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.backup

新たにSambaの設定ファイルを作成し、Sambaの設定を行います。
以下の設定では/var/www/htmlディレクトリを共有できるようになります。

vi /etc/samba/smb.conf
[global]
# 接続を許可するネットワーク
hosts allow = 192.169.0.

# 不正なパスワードによるログインを拒否
# 指定されたユーザーが存在しなかった場合は
# guest accountで指定したユーザーrootでのゲストログインとして扱う
guest ok = yes
guest account = root
map to guest = Bad User

# Sambaでシンボリックリンクを辿るための設定
wide links = yes
unix extensions = no

[var.www.html]
path = /var/www/html
writeable = yes
force create mode = 0644
force directory mode = 0755
guest only = yes
guest ok = yes

コメントを残す