Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » OpenVPN »

OpenVPNのインストール

OpenVPNはSSL/TLSプロトコルを利用した機能のSSL VPNです。
証明書やスマートカード、ID/パスワードを使った柔軟なクライアント認証が可能で、 VPNの仮想インターフェイスに対してファイアーウォールを設定することによってユーザーやグループ単位でのアクセス制御もできます。
OpenVPNを扱うためには、ネットワークに関する基礎知識としてIPアドレス、DNS、ネットマスク、サブネット、IPルーティング、ルータ、ネットワークインターフェイス、LAN、ゲートウェイ、ファイアーウォールなどについての基本的な知識を持っている必要があります。

それではyumを使ってOpenVPNをインストールします。

yum -y install openvpn --enablerepo=epel

以前のバージョンのOpenVPNにはeasy-rsaが含まれていました。
easy-rsaとは認証局を簡単に作成するツールです。
今回インストールする新しいOpenVPNにはeasy-rsaが含まれていないので、別途インストールします。

yum -y install easy-rsa --enablerepo=epel

コメントを残す