Linux Blog

CentOS7でLinuxサーバー構築

TOP » サーバー構築 » NTP »

NTP

NTP(Network Time Protocol)はネットワークを介して、クライアントがサーバーに対して時刻を問い合わせるためのプロトコルです。
NTPはサーバーとクライアントとの間で起こる可能性がある通信の遅れも考慮し、ネットワークの遅れに関する情報も内蔵しているため、正確な時刻同期が可能です。
サーバーを運用するうえでログの時刻を正確に記録することはとても重要なことです。
OSインストール後最初にNTPサーバーを構築しましょう。
またNTPサーバーを構築すると、LANに接続されたパソコンの時刻の同期を行うことが可能です。
NTP公式サイト : http://www.ntp.org/

  • NTPのインストール

    yumを使ってNTPをインストールします。 yum -y install ntp インストールが完了したらNTPの設定を行います。NTPの設定はntp.confファイルで行います。 vi /etc/ntp.conf # Permit time synchronization with our time source, but do not # permit the source to qu...

  • NTPの起動

    NTPサーバーを起動するときに時刻のズレが大きい場合はNTPサーバーの起動が出来ないことがあります。なのでNTPサーバーを起動する前にntpdateを使ってサーバーマシンの現在の時刻を合わせます。※NTPサーバーをすでに起動している場合はntpdateを実行する前にNTPサーバーを停止しましょう。 ntpdate -b ntp.nict.jp13 Jul 23:14:50 ntpdate[3849...